耳をすませば/ぐーたら少女 雫の底力に共感せずにはいられない

43.-mimi_wo_sumaseba,耳をすませば

これは昔から好きな映画。少女漫画雑誌「りぼん」に掲載されていた、長編の名作「星の瞳のシルエット」を描いた柊あおいの作品。もうワタシの時代はマンガといったら”りぼん”と”なかよし”でね~。姉と1冊ずつ買って交換して読んでたんだよね。なつかしいなぁ~久住君。んでその長編後に連載された彼女の作品。マンガではあまりにも前作が良すぎてあまり盛り上がらなかったんだけど、ワタシは好きだった。

続きを読む